2017年5月29日月曜日

脳から遠い、手のマッサージをしていて・・・痛みが、安らかになるのならば・・・

脳は直接的に近い距離が、苦手だそうです。拒絶反応が、起こるらしいのです・・・なんとなく、理解ができます。

脳から遠い、距離の手をマッサージしていて・・・痛みや心が、少しでも軽く、安らかになるようにと・・・手のマッサージのしかたを、考えて実行しています。

まず、肘から下に馬油スキンクリームを、手で塗ります。マッサージをするように、腕と手を温めるように、馬油スキンクリームを塗ります。手のひらを、まず親指で柔らかく押します・・・それから、親指付け根の合谷を、親指で押さえるように、押します・・・そして、手のひらの、手首の付け根部分を、親指で押して・・・反対側の手の甲の付け根部分を、親指で押します・・・

それから、肘の周りから手首の方へと、押して違和感のあるツボ部分を、優しく親指で押さえるように、押してゆきます。あんまり長い時間は、押して刺激をしすぎないように、注意しています。こんなことで、痛みや心が、安らかになるのならば・・・お安いごようです。

マッサージは、手を使っていて・・・スキンシップと、手あてです。考えたことは、マッサージを、始める時に・・・ラベンダーの香りを、香りのディフューザーで流して・・・ラベンダーの香りの馬油で、マッサージをすると、もっと効果的だと、思いました。

マッサージだけでなく、香りの力を借ります・・・

首筋や肩や肩甲骨周りも、軽くマッサージをすると、もっと効果的だと思います。脳が緩んで緊張が緩んで・・・痛みや心が、安らかになるのならば、とてもいい効果です。

痛みは、辛いです。腰痛持ちなので、わかります・・・香りの効果に、期待を寄せています・・・

2017年5月27日土曜日

ブラックワークの手仕事の、作品を作りたい・・・

古着に刺繡をしたり・・・自分で縫った洋服に、刺繡をしたり・・・手仕事に精を出して、楽しんでいます。

タオルに刺繡をしたり・・・縁編みを、レース糸で編んだりしたいのですが、漠然としていて、いい案がまとまりませんでした。

家庭画報の暮らし華やぐ魅惑のレースの記事を、眺めて・・・素敵なゲスト用の麻のタオルの写真を、見て・・・クッションカバーの写真を、見て・・・素敵だなあと思いながら・・・我が家も、もう少し綺麗な物が、欲しいなと考えました。

タオルはゲスト用ではなくて・・・自宅用にも、綺麗なほうがいいです。真っ白なワッフル地のタオルに、ブラック刺繡をして、縁編みは、黒色のレース糸で編みます。クッションも白地の着物の裏地に、ブラック刺繡をして、黒色のレース糸で縁編みを、付けます。

ピロケースも、もっと具体的ないい案が、出てきました。

漠然とあんな物が作りたいと、感じていても・・・実際に、具体的ないいイメージが湧いてこなければ、何も作れません。

ブラック刺繡の、ドレスを以前に写真で見た時に、あまりの素晴らしさに、驚いたことがあります。白地の布に、黒色の糸で刺繡をすると、モノトーンカラーで、洒落ていて・・・洗練されたデザインの、作品になります。

手仕事の、重量感もあります。父のお古の白色のシャツに、黒色の糸で刺繡をしたら、素敵によみがえりました。だんだんに、方向性が見えてきたのです・・・ピロケースには、部分的にブラック刺繡を、入れたいです。

すぐには、できませんが・・・家庭画報の綺麗な写真は、物作りのための、参考になっています。

繰り返し、繰り返し、ジッとページを眺めています・・・

2017年5月26日金曜日

御殿場、小麦のパンで・・・主食用のパンを探して・・・

日々繰り返している生活を、つまらないと感じている人も、多いと思います。私達家族は、何十年も前に、そんな危険性を感じて・・・このままでは、いけないと思いました。

ちょうどミネラルウォーターが、人々に認知された時代でした。東京の神宮前あたりでは、エビアン小僧が、歩いていたのでした。今だと笑っちゃうような、できごとでした。私達も、毎日飲んでいる水を、ミネラルウオーターに、変えました。そして、東京の六本木にある、イタリアンレストランに出かけてみたのです・・・

それからは、我が家でも、イタリア料理を、作り始めたのでした。その頃から、夏になると、野菜のコールドポタージュスープを、作り始めたのでした。そんなふうに、生活に変化をつけたり・・・料理も、楽しみました・・・ずっとそれが、続いていて・・・今は御殿場で、暮らし始めて・・・最近は、御殿場小麦にも、出かけるようになりました。

散歩がてら、御殿場小麦で茶色のパンを、探しています。歩いて出かけられる距離が、いいと思います。御殿場小麦は、朝何時に開店するのかな・・・朝食に、焼き立てパンが食べられたら、いいな・・・少しの量だけ、買って帰って・・・

日常生活が、つまらないと感じている人は、食生活を変えてみてもいいかな・・・足腰に負担がかからないように、テーブルと椅子で、生活してみたり・・・たくさんの量の、ご飯を食べるのではなくて・・・

汚いキッチンにサヨナラして・・・軽やかな生活を、してみない・・・もちろん、お財布と相談しながら・・・私も、お財布と相談しながら、日々の生活をしています。

パン屋さんでは、茶色のパンを探しているのです。

マッシュポテトをはさんだサンドイッチも、美味しいです・・・

マッシュポテトを作れる、じゃが芋のフレークをスーパーマーケットで、売っています。ミルクもバターも使わずに・・・熱湯と塩一つまみと粗びき黒コショウで、マッシュポテトを作ります。

トーストした食パンに、このマッシュポテトをたっぷりとぬって・・・

焼いたベーコンや、薄焼き卵や、カットトマトをはさんで、サンドイッチにすると美味しいです。

マッシュポテトは料理の付け合わせや、グラタンに普通一般は使います。でもね、マッシュポテトは、サンドイッチにすると、美味しいです。わざわざじゃが芋を蒸して、マッシュしなくても、手軽にできてしまう・・・じゃが芋のフレークは、便利です。

以前に、かぼちゃのフレークを買った事が、ありますが・・・これも、便利です。今度はこのフレーク状のじゃが芋を、使って、挽き肉炒めと、千切り湯通しキャベツの絞ったのを入れて、コロッケを作りたいです。

マッシュポテトのサンドイッチには、野菜と茹でブタのサラダを、一緒にお皿に盛って・・・やわらかいお味のサンドイッチなので・・・茹でブタには、紅しょうがと塩と醬油で、味付けをすると、お味がしまって美味しいです。

じゃが芋のフレークも紅しょうがも、イージーな料理ができる食材です。イージーは、素敵です。イージーは、好きです。毎日作る家ご飯は、難しいこと抜きにして・・・イージーで美味しければ、食べる人も、作る人も大満足です。

お鍋も、たくさんいらないです。調味料もシンプルにして・・・イージーで美味しい家ご飯を、どうぞ、召し上がれ・・・そうすれば、ママさんもご機嫌麗しいかもね・・・

大きめのバスケットに、動物のような足を付けてみたい・・・

大きめのバスケットを、リサイクルショップで探してみたいです・・・そして、動物のような足を付けて、おもしろい形に、してみたいです。

私のカントリースタイルと言う雑誌の中の、ページに大きめのバスケットに、足を付けた物がありました。私は、その足を動物の足にして・・・バスケットは、好きな色をかすって・・・おもしろい物入れに、したいです。

何を入れても、可愛いと思います。

円柱のポールを、ホームセンターで買ってきて・・・ポールを少しだけナイフで削って、やすりをかけて、ポールにペイントをしてみたら・・・足に毛とかを、細い筆で書き込んでも、おもしろそうです。そんな足をバスケットに、付けて・・・私は、キッチンに置いて、食料庫にしたいです。ストックの食料品を入れて置いておくと、キッチンが楽しそうです。

キッチンをかたずけながら・・・もっと、楽しいキッチンにしようと思っています。いつまで住んでいられるかも、わからない家ですが・・・せいぜいそんな事を考えて、気分を楽しくしていたいです。世の中の人は、楽しくしていると、お金を持っていると、勘違いします。工夫をしてと言えば・・・工夫、工夫と唱えて、何を工夫しているのか・・・どんな工夫をしたらいいのか、わからないみたいです・・・

乏しいお金の中から、自分の好きなインテリアに、お金を使っています。少しだけ手をかけた、家庭料理や・・・自分で作るインテリア雑貨の、おもしろさや・・・自分で楽しくているのです。

違いのわかる、感覚を身につけていただきたい・・・偉そうに言っているのではなくて・・・これも、自分の身を守っているだけの事です。自分のほうがと言う気持ちは、わかりますが・・・でも、自分は自分で、人は人なのですから・・・

何もしていない、楽しくない人はチョット・・・

2017年5月25日木曜日

薄紫色のじゃが芋の花が、咲きだして・・・

我が家の敷地のお隣は、畑になっていて・・・農作物も少しずつですが、たくさんの種類の野菜を、育てている畑なのです。

その広さが私には、好ましく思えるのです。大きな面積ではなくて・・・本格的な農作物の、育て方です。5月の終わりごろになると、御殿場東山付近では、じゃが芋の花が、咲きます。じゃが芋の花は、薄紫色です。

薄紫色のじゃが芋の花は、とても綺麗です。薄紫色のじゃが芋の花を見ると、小学校の低学年の頃を、思い出します。小学校でじゃが芋の育て方を、習いました。私はさっそく家の庭に、母からじゃが芋をもらって・・・半分にカットして、灰を付けて、土の中に植えてみました。

本当に植えたじゃが芋から、茎や葉が出てきました。

そして、薄紫色のじゃが芋の花が、咲きはじめました・・・その、じゃが芋の花が、なんて綺麗なんだろうと・・・感激をしたのでした・・・都会の高級ホテルのダイニングに、薄紫色のじゃが芋の花を飾ったら・・・都会の人達は、感激するかもしれない・・・カットしたじゃが芋の花が、花瓶にさして、どれくらいの時間がもつのかな・・・

バスケットに入れた、野菜を飾ったり・・・唐辛子を葉つきのまま、飾ったり・・・なすの花も、可愛いいです・・・林檎の花や、オレンジの花や・・・梨の花も・・・オリーブの枝も・・・

これらの植物は、少しノスタルジックさが・・・これ何だろうと・・・植物好き、花好きの人は、興味深く目にとめると思います。

都会の人は、忙しいのでゆっくりと、植物や花を眺めて・・・気持ちを緩めていただきたいです。

2017年5月24日水曜日

クッキーパンを、頻繁にオーブントースターで焼いています・・・

パソコンでのニュースに、自分でパンやお菓子を焼く、つまらない節約生活は、やめたほうがいいとありました。そして、自分でパンやお菓子を焼くと、作り過ぎて食べ過ぎると、ありました。

それは、程度問題で・・・あれをしたら、節約だの・・・あれをしたら無駄だの・・・外野が少しうるさいような気がします。

確かに自分でパンやお菓子を焼くと、普通一般的には、バター・ミルク・砂糖をけっこう使います。これって節約生活なのかなぁと、単純に疑問に思うのです・・・

パンやお菓子を焼く時には、この材料を使わなくては・・・ここから私は、脱却をしました。健康的でお手頃価格のクッキーパンを、頻繫にオーブントースターで焼いています・・・

このクッキーパンは、バターもミルクも使いません。オリーブオイルを、少しだけ使います。自慢話だはなくて、そんなに経済的な余裕がないので・・・よく、考えてみたら・・・そんなふうに、なったのでした。

クッキーパンの由来は、パンよりも、表面がカリッとしていて・・・クッキーよりも、やわらかいので、クッキーパンになったのです。

自分で作る事は、何でもそうなのですが、お値段がお安く上がらなければ、意味が無いです。お弁当も、そうです。見せびらかすお弁当なんて・・・お弁当の、意味が無いです。

クッキーパンは、おまけに低糖質です。苦肉の策ですが、かえって成功したみたい・・・節約すると言っても、ストレスになってしまえば、長続きはしません。

節約・節約・貯金・貯金と一斉におんなじ方向に、走りだすのも、変だと思います。自分で出来る範囲が、前提です。自分で料理を作りたいから、キッチンを改造工事をするとか・・・キッチンツールを、しこたま買いこんだとか・・・それって、どこが節約なんですか・・・理解ができないです。